五島

2012年6月 4日 (月)

島でしか買えない焼酎(五島その4)

Dsc02965_2有川郷の『五島灘酒造』は島で唯一の蔵元。

こちらの芋焼酎「五島灘」は島で育ったサツマイモ“黄金千貫(コガネセンガン)”だけを使っています。

サツマイモは腐りやすいので収穫したら即加工! 秋になってイモが採れると、一斉に芋焼酎の仕込みが始まります。

美味しいサツマイモはイノシシも狙っていて、夜になると山から下りて畑を荒らすそうです。畑は電気柵で囲まれています。

Dsc02972酒蔵に入ると、ほわ~んとよい香りが!
ふつふつとガスが出ているタンクの中をご覧ください。

サツマイモ色です !

お酒ってお店に並んでいると“商品”の顔をしていますが、
小規模な蔵元が造るお酒は畑のダイコンみたい。
個性があって唯一無二なのですね。

ところで、『五島灘酒造』さんがある新上五島町の町歌は
「五つ星」というタイトルで、同名の島焼酎があります。

なんと作曲は“さだまさし”さん!
こんな素敵な曲なんですよ~♪♪♪「五つ星」♪♪♪

| | コメント (0)

2012年5月 9日 (水)

島へ上陸! 幸せのハートタイル(五島その3)

長崎港から中通島の奈良尾港まで、
ジェットフォイルで約1時間15分。

乗船券は往復だと少し安くなって10,930円です。
けっして安くはないけれど、思いのほか近いと感じます。

そして高速船は揺れませんでした。


File0505

到着した奈良尾港には↑↑こんなオブジェが!

台座のどこかにハート型のタイルが隠れているはずなのだけど、

このときは見つからず…heart03

あとで教えてもらったら、ちゃんとありました。
ばっちりハートの形に見えます。


青い幸せのハートタイル

自力で見つけたら幸せになれるらしいですよ。

| | コメント (0)

2012年5月 8日 (火)

長崎ランタンフェスティバル(五島その2)

五島列島へは長崎港から船で渡ります。
海が荒れれば船が欠航することもあるので、
念のために前日(2月2日)から長崎入りしたら、、、

「長崎ランタンフェスティバル」の真っ最中shine
元々は長崎在住の華僑の方達が、中国の旧正月
(春節)をお祝いしていたのが、街ぐるみの
お祭り
になりました。

Dsc02869

日が暮れて、ランタンの灯りが艶やかです。

メイン会場の大きな祭壇には、お供物がどっさり sign03

Dsc02842

pig 心臓がバクバクします pig

これは「鶏魚肉」(チーユイロー) といって、一年中お金に
困らないように、幸せであるように…との願いが込め
られ
たお供えなんですって。

さて、お祭りを堪能したあと、
眼鏡橋の近くにある立ち飲みの店『ばさらっか』へ
行ったら、なんと、「五島灘」を発見!

Dsc02890

「五島灘」と「五つ星」が一杯350円って、安いんじゃ!?
今回は新上五島町の『五島灘酒蔵』へも行く予定です。
店を教えてくれた、佐賀のAちゃん、ありがとう heart01

| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

いざ、五島列島へ(五島その1)

2月のはじめ、長崎県の五島列島へ行ってきました。

これまで長崎は何度も旅しているのに、
島へ渡ったことはありません。

ちなみに 
「五島列島ってどこ?」 って思った方、
けっこういるのでは。

わたしなんて旅立つ前に慌てて地図を開きました。

なので、まずは場所から!

File0504_7

なんだか頼りない地図で申し訳ないのですが、、、

五島列島は長崎港から西へ、
約100キロの海上にあります。

大小140ほどの有人、無人の島で成り立つ群島です。

主な島は中通島、若松島、奈留島、久賀島、
福江島
の5つ。

で、今回、わたしは北部にある 
新上五島町
(主に中通島と若松島)を訪ねました。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

お仕事 | イベント | バイク | 五島 | 利尻島 | 山へ | 映画・テレビ